Beyond The Limit

はじまりは2001年

はてなを退職しました

昨日付ではてなを退職しました。 この記事を書いてから、2年少しですが、こんな日が来るとは2年前は微塵にも思っていませんでした。 というのが正直な気持ちです。 sharatani.hatenablog.com 2015年6月、まだ上場前のはてなに入社し、職種としてははてなで初…

2016年

色々とあったし忙しかったけど、良い一年だった。(と思う)

神奈川県某所にいってきた

Dockerメモ5

データ専用コンテナ 名前の通りデータ専用のコンテナでアプリ関係は動かさない systemd対応のDockerコンテナ CentOS7.xではdocker run実行時に--privilegedオプションを付与する必要がある --privilegedオプションを付与すると、コンテナは管理者権限モード…

Dockerメモ4

ホストOSからコンテナへディレクトリを共有する DockerはホストOSのディレクトリをコンテナ側へ見せることが可能になっている -vオプションを利用して-v <ホスト側ディレクトリ>:<コンテナ側ディレクトリ>とする docker run -v /root/docker-testdir:/root/d…

Dockerメモ3

Dockerコンポーネント Docker エンジン:Docker本体のこと Docker コンテナ:Dockerエンジンが実行するコンテナのこと Docker クライアント:Dockerデーモンが提供する各種コマンドなどのIFのこと DockerコンテナはホストOS上で複数同時に起動することができ…

Dockerメモ2

導入について CPU:ハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアはCPUコアあたりのゲストOS数の目安があるが、Dockerの場合はそれがない メモリ:ホストOS分+全コンテナで使用するメモリ容量を考慮して計算する ディスク:Docker領域はユーザーの数やコンテナ数…

Dockerメモ

改めてDockerの本を読んでいるのでメモ Dockerコンテナのアーキテクチャ コンテナ毎に空間を分離してくれる ただしLinuxの基盤上でWindowsのコンテナを動かすことは出来ない コンテナにはLinuxコンテナ(LXC)というものがあり、古いバージョンのDockerはLXC…

もうすぐ一年が経ちます

転職してからもうすぐ一年が経ちます。気がついたら早いもので、この一年で公私ともに色々とありました。 転職して一年が経つということは、セールスエンジニアのキャリアも一年が経つということになります。 半年ぐらい前にはてなアドベントカレンダーにて…

MackerelでWindowsイベントログ監視とプロセス監視をする

ちょっと触ってちょっと検証したため、メモしておきます。 MackerelはWindowsでも利用可能ですが、公式のcheckプラグインがWindowsに対応していないため、個別に用意する必要があります。 ※プロセス監視のcheck-procsは公式に用意してあるのですが、自分でビ…

IDCFクラウドMeetup!in Osaka vol.1に参加してきました

昨日はこちらのイベントに参加してきました。 idcfugosaka.doorkeeper.jp 今回の会場はファーストサーバーさんの会議室をお借りしていて、会議室は満席の状態。 大阪では初開催だったのですが、とにかく人が多くて、利用者からの愛され感が伝わる会場でした…

Python学習メモ7

位置引数のタプル化 関数の引数を可変にして仮引数にセットしている。 >>> def print_kahen(*args): *は必要だが、argsじゃなくても良い。慣習的にargsになっている。 ... print ('kahen argument:',args) ... >>> print_kahen(1,2,3) kahen argument: (1, 2…

Python学習メモ6

内包表記 リスト内包表記 [expression for item in iterables] コンパクトに構文を作成できる >>> num_list = [] >>> for num in range(1,6): ... num_list.append(num) ... (forの処理の終わりは何も入力せずにEnterを押す) >>> num_list [1, 2, 3, 4, 5]…

Puthon学習メモ5

リストは、タプルは()、辞書は{}で作る いずれにしてもを使って値を取り出す、辞書の場合はキーを入れる、それ以外は整数のオフセットを入れる Pythonには複数行コメントはない、複数の場合も頭に#を付ける 辞書を使ったfor文 >>> e2f {'cat': 'chat', 'walr…

今年うまくいったこと・もう少し改善できたはずのこと

Pocketにストックした記事を漁っていたら、2014年末に保存したこんな記事を発見。 今年なにがうまくいき、何が問題だったかをまとめる、2014年の年間レビュー1e3)g=1e3;else if(200>~~g)g=200;f.height=g}if("link"===d.message)if(h=b.createElement("a"),i…

Python学習メモ4

タプル タプルはリストと異なりイミュータブルである。 タプルを定義するのは括弧ではなく、カンマ。ただ括弧があれば分かりやすい。 要素が一つでも最後にカンマを入れる必要がある、入れなければただの変数格納になる。 >>> tapuru1 = 'AA', タプル >>> ta…

セールスエンジニアという役割で半年仕事をしてみて

こんにちは、はてなのMackerelチームでセールスエンジニアをしているid:sharataniです。 本日ははてなデベロッパーアドベントカレンダーの一環として記事を書きました、昨日はid:astjさんです。 developer.hatenastaff.com 実ははてなではセールスエンジニア…

Python学習メモ3

文字列の続き、リスト append() 末尾に要素を追加する。 extend() リストの結合をする。 += リスト名でも同じことができる。 insert() 位置を指定して様子を追加する。 insert(2, 'aaa')といった使い方をする、2がオフセット。 del オフセットを指定して要素…

Python学習メモ2

文字列 Pythonのスライスは[start:end:step] aaa = "ABCDE" >>> aaa 'ABCDE' >>> aaa[:] 特に何も指定しなければ全て返す 'ABCDE' >>> aaa[1:] start、startは指定された位置から始まる 'BCDE' >>> aaa[:3] end、endの場合はend-1の位置までを返すので注意 '…

Python学習メモ1

オライリーの入門Python3より。 型確認 type(変数名) で変数の型が返ってくる >>> a = 7 >>> type(a) <class 'int'> >>> a = "あいうえお" >>> type(a) <class 'str'> >>> type(1.0) <class 'float'> こんな感じ 数値 除算 /の場合は浮動小数点で結果を返す、//の場合は結果は切り捨てになる >>> 3/4 0</class></class></class>…

はてなに入って半年が経ちました〜半年目線〜

こんにちは、はてなでMackerelセールスエンジニアをしているid:sharataniです。 はてなスタッフアドベントカレンダーの一環で「はてな」に関することをテーマにしてブログ記事を書くこととなりました。 昨日はid:Swatzさんとid:mohritarohさんでしたadvent.h…

SQL学び直し13

第八章:SQLで高度な処理を行う 8-1:ウインドウ関数 ウインドウ関数とはOLAP(OnLine Analytical Processing)関数とも呼ばれる OLAPとはリアルタイムにデータ分析を行う処理のこと 構文:ウインドウ関数 OVER ( PARTITION BY ORDER BY ) rank over (parti…

SQL学び直し12

第七章:集合演算 7-2:結合(テーブルを列方向に連結する) 結合の基本は内部結合と外部結合 内部結合:select ... from A inner join B on A.x = B.y というような構文 外部結合:片方のテーブルの情報がすべて出力される from A left outer join B on A.x…

SQL学び直し11

第六章:関数、術語、CASE式 6-3:CASE式 単純CASE式と検索CASE式の2種類がある、検索CASE式は単純CASE式の機能を全て含む 検索CASE式は以下のような式になる CASE WHEN <評価式> THEN <式> WHEN <評価式> THEN <式>... ELSE <式> END 最後のENDは必須、ELSE…

SQL学び直し10

第六章:関数、術語、CASE式 6-2:術語 術語とは戻り値が真理値(TRUE/FALSE/UNKNOWN)のいずれかになるもの LIKE検索にて、%は0文字以上の任意の文字列、_は任意の一文字を現す(__だと任意の2文字) BETWEENは範囲検索 IS NULLはnullを検索、IS NOT NULLは…

SQL学び直し9

第六章:関数、術後、CASE式 6-1:いろいろな関数 関数は数が多いので代表的なものだけ覚える、他は使う時にリファレンスを見るようにする COUNT、SUM、AVGなども関数の一つ(集約関数) 文字列を結合する関数はパイプ、カラム1 || カラム2 from…という感じ…

SQL学び直し8

第五章:複雑な問い合わせ 5-2:サブクエリ サブクエリとは使い捨てのビュー select ... from (select文を書く) as ビュー名、このビューは保存されない fromの中のselect文が実行された後、外側のselect文が実行される select ... from (asの後の)ビュー…

SQL学び直し7

第四章:データの更新 4-4:トランザクション トランザクションは BEGIN TRANSACTIONに始まりCOMMITに終わる(またはROLLBACK) トランザクションが開始されると、実行者以外にはトランザクションが完了するまではトランザクションの結果が反映されない DBMS…

SQL学び直し6

第四章:データの更新 4-2:データの削除(DELETE文の使い方) DELETE文は行を削除、TRUNCATE文はテーブル全行を削除 `DELTE FROM テーブル名`よりも`TRUNCATE テーブル名`の方が処理が高速である 4-3:データの更新(UPDATE文の使い方) UPDATE文を使えば、…

SQL学び直し5

第四章:データの更新 4-1:データの登録(INSERT文の使い方) CREATE TABLE文でテーブルを作る際に"DEFAULT 値"でデフォルト値を決めておける INSERT文を使う際は"DEFAULT"と入力することでデフォルト値が入る、明示的にDEFAULTを入れた方が良い INSERT INT…